浮腫みの原因の水分と流れを良くする野菜や果物

朝鏡を見ると顔や手がむくむ、一日の仕事終わりに足がむくんでいるなんていうのは、女性あるあるかもしれません。

浮腫みの原因は水分

水分をとる女性

浮腫みの原因が水分であることは、大抵の方がご存じだと思います。体の中の水分が上手く排出されずに残ってしまったことによって、むくみはおこりますが、立ち仕事など足に負担を掛けている人にこういった症状が多いのは、足が疲れて血液やリンパ液など循環が悪くなっているからと言われています。

ほぼ同じ理由で、血液を体中に送り出す心臓から遠い位置にある手足や顔にむくみが出易いと考えられています。

むくみを避けるために水分を極端に控えると、これからの暑い時期には脱水症状や熱中症の方が心配になりますもので、極端な水分制限はやはり体ののことを考えると止めておいた方が良いでしょう。

血液やリンパの流れを良くするためにマッサージをしたり、加圧ストッキングなどを利用されている方もいると思いますが、体お外側からのむくみ対策としては、やられた方が良いでしょうね。

これに加えて、冷えに気を付けること、出来るだけ体を動かすことに気を付けるようにすると更に良いです。

冷えは血液やリンパの流れを悪くする

冷えは、筋肉の緊張を誘いますから、血液やリンパの流れに支障をきたし、むくみを誘発する原因になってしまいますので、足の甲や脹脛などが冷えで痛みを感じるという方は、すぐに冷え対策を講じる必要があります。

また、日頃運動不足だという方は、体が少しの運動で生活できるような省エネ体質になっていますので、意識して筋肉を使うようにしましょう。最初は、簡単なストレッチ程度で充分です。長時間同じ体勢を取らないように気をつけて、手足の先や肩など体の一部分でも動かすことを意識するだけで随分と違ってきます。

一番肝心なのは、むくみの原因になっている要らない水分を外に出すということですよね。

スイカや胡瓜などの野菜や果物でカリウム摂取

スイカ

身体の内側からのむくみ対策のオススメは、これからが旬のスイカや胡瓜などのウリ科の野菜や果物を摂ることです。これら食材は、水とナトリウムを一緒に排出してくれるカリウムを多く含んでいます。塩分の取り過ぎも、水分と同時にむくみを引き起こす要因になるといわれていますので、纏めて体の外にだしてくれるウリ科の食材はむくみ対策にはうってつけです。

食べる時は生食が一番だとされていますので、気軽に取ることができますし、食欲のない時でも胡瓜の酢の物やカットスイカなら口にし易いと思います。

むくみ対策は、体の内と外から行うことでより改善への道がちかくなりますよ。

わたしのむくみ解消方法は塩抜き

わたしのむくみ解消方法は主に二つあります。一つは仕事が終わってかえってくると入浴してマッサージをします。そのあと風呂上りに着圧ソックスを履いて寝ることです。この着圧ソックス、はじめはきつすぎてはくことが嫌でたまりませんでした。しかし慣れてくると今度は履かずにいられないほど気持ちいいのです。

どんなところが気持ちいいのかというと、まず締め付け感がいいですね。仕事帰りの足って、重力に従って水分が下にたまっているような感覚があり、とても重いです。しかしマッサージをして少したまった水分を心臓のほうにかえしてあげてから、着圧ソックスを履くと自然にたまった水分が心臓のほうに返されるような感覚があり、気持ちが良いのです。

足は寝ている間に随分軽くなります。そして朝起きた時には、すっきりした感覚がありますね。

もしも朝回復していないようなひどいむくみだったら、その着圧ソックスを付けたまま足をあげて1分くらいぶらぶらします。こうやって刺激を与えることによって、水分を心臓のほうに戻すのです。これは毎日の積み重ねが大切です。むくみがどんどんひどくなっていったらどんどん足は太くなっていってしまうでしょう。そのためにその日のむくみはその日のうちに解消するのがいいのですね。

塩抜きでむくみ解消

次の方法は塩抜きです。これは一日行うのですが、食事の中から可能な限り塩分を抜きます。塩のかかっているものは食べないということを心がけます。普段の生活の時には、なかなか職場でのお弁当や外食もあるので、実行するのは難しいです。

下半身むくみ

しかし、休みの日は自分で自炊をすればいいですよね?そのために基本はご飯になります。そしておかずは野菜の蒸したものとか肉を蒸したもの。味付けはレモンを絞ったものなどになります。でもこれが意外に効果が高いのです。

塩分を取りすぎた日の次の日、むくみを強く感じることはありませんか?私はひどいむくみがある時には、顔までむくみます。そして目が細くなったりするので、すぐにわかります。そのために普段調整できない塩分を週末に調整して水分を体から抜くように心がけるのです。

むくみを意識しただけで、体重は1キロも減ることもあります。それは脂肪ではなく水分が抜けただけなのですが、それでも体のすっきり感を感じることは出来るでしょう。そしてこれを一週間に一回継続することでむくみ知らずの身体を作ることもできるのです。今では体のすっきり感が想像できるので、欠かせない習慣になっています。

むくみを解消することで下半身痩せにも効果ある

いくら食事制限をしても痩せにくい場所があります。それは太ももなどの下半身です。夕方になると足がむくんで靴が入らなかったりする経験をする人も少なくないでしょう。このむくみの症状は体の代謝機能が落ちてるために老廃物は排出されていなく溜まってる状態なのです。

リンパマッサージによる下半身のむくみ改善

その為にむくみを解消する効果的な方法はマッサージです。

ゆっくりとリンパにそってマッサージを行う事により血行が良くなります。

最初のころは押すと痛い場合がありますが、それは老廃物が溜まってる証拠です。無理をしないで徐々に進めていくと良いでしょう。このマッサージは毎日繰り返し行う事が大切です。お風呂の中で行うなど自分で続きやすい時間帯を見つけて行うと続けやすいです。このマッサージにより、むくみがとれてくると、女性に多い冷え性などの症状も改善していきます。

減塩の食事

そしてもう一つ効果的な方法として塩を抜いた食事です。

下半身むくみ塩

これは塩抜きダイエットとも言われ、三日間だけ塩分を全くとらない方法なのです。

人の体には古い塩分がどんどんたまっていきます。古い塩分が溜まってるのにまた新たに塩分を摂ると消費されない塩分が溜まっていき、結果むくみに繋がるのです。その新しい塩分を体に入れない事により溜まっていた塩分が消費されることでむくみも解消されるのです。しかし、人い体は塩分は必要不可欠なものなので、この方法は三日間という守って実行しなくてはいけません。

私のむくみ解消方法

通勤などで電車を利用しているとき座れないことが多く、ずっと立ちっぱなしで足がぱんぱんでむくんでしまうことがあります。

特にヒールを履いていると足がつらく、余計足がむくみます。他の方も同じ悩みを抱えている方が多いと思います。そこで、私が家でやっているむくみ解消法を紹介します。

難しいこと、つらいことは特にやっていません。

 

足がむくんでしまう原因は疲れもあるそうです。

 

しかし、他にも理由があり上から下へ重力が働いています。その重力の影響で体の水分が下にたまっていき、足にその水がたまっているのだそうです。

つまり、下へ水が溜まっていくのであれば、上へすればよいのです。まず仰向けに寝て足を天井にあげます。これだけです。家で簡単にできますし、寝ながらなので楽です。

マッサージによるむくみ解消

mukumi

次に、水以外の原因に疲れがあります。筋肉が張っているのです。足の疲れをほぐすためにお風呂に入浴剤を入れて血行を良くしてマッサージをしています。お風呂の中でもできますし、お風呂上りにもできます。

また、マッサージについてですが、私はパンパンになったふくらはぎを雑巾のように左右とも絞るようにしてマッサージしています。くるぶしからひざのほうへと徐々に絞る手をあげていきます。

 

そのあとにひざに向けて下から上へ流すようにして撫でていきます。これを左右とも寝る前にやっています。私の場合ですが、次の朝にはむくみはちゃんと取れています。

そして、足の筋肉をある程度つける必要があるので、適度に足を使う激しくない運動をして筋肉をつけています。そうしないとすぐにむくんでしますからです。疲れてむくむのですからある程度の疲れに耐えられるように体作りも必要になってきます。

むくみの最も多い原因は、塩分や水分の摂りすぎです。「カリウム」は、摂り過ぎてしまった塩分や余分な水分を押し流すパワーが非常に高く、むくみに効果のある成分です。

参考サイト http://xn--y8j2eb8s4fke8050cgo1b.jp/

筋肉量とむくみの関係

やせ形で、筋肉量も少なくさらに運動も苦手なので、むくみやすい体質です。とくに仕事柄、立ちっぱなし・座りっぱなしの態勢でいることが多いので、いつも夕方には足がパンパン。人前に出るのが気になってしまいます。

dopkd

私のむくみ解消の仕方は、

  • 体内の水分を排出
  • ふくらはぎを鍛える
  • マッサージ

の三点です。

体には、適度な水分がもちろん必要なので、炭酸水やミネラルウォーターなどを常温で飲みつつ、カリウムの入ったサプリメント飲んだり果物を食べて排出を促します。冷えるとさらにむくむので、冷たい飲み物はあまりとらないようにしています。

次に、歩くことです。激しい運動は苦手なので、こまめに歩いてふくらはぎを鍛えます。通勤時に階段をつかうことや、会社でも階段で移動です。
トイレに立つときやフロアを移動するときも、周りに変に思われない程度に遠回りをして移動します。

人のいない所があったら、かかと上げ下げ運動をちょっとしたりしています。これは、特に午後にやると効果があると思います。

会社内で移動のため歩いたり、かかと上げ下げ運動をできない日は、本当に足がパンパンなので、こまめに歩くのは効き目があると実感しています。

そして、お風呂上りにマッサージ機で足を揉みます。足がパンパンな日は、足の裏がゴリゴリしています。ふくらはぎも揉むのも痛いぐらいですが、10分ぐらいすると不思議と足の裏のゴリゴリも消えて足首がほっそりします。排尿もうながされるみたいで、むくみが出た感じがします。翌朝は足の疲れもとれてすっきりと起床できます。

男性でもむくみに注意

むくみについてのサプリメント等は一般的に女性を中心に内容が書かれていますが、男性にもむくみはあります。
私は事務系の仕事で、いわゆるデスクワークです。
2年くらい前までは全然感じなかったのですが、いつからか靴下のゴム後が残るようになり、そのうちゴムがきつくなってきました。
みると、ひざ下にむくみの症状があります。
夜が近づいてくると、足の裏が熱く感じるのですが、さわってみても熱くないのです。
そのままにして寝てしまうと、夜中に足の熱さで目が覚めてしまい、寝不足の毎日が続いています。

idoj

こんな症状で苦しんでいる人がないかネットで調べてみましたが、たくさんありますね。
どうやら、むくみの原因は血流の悪さが多いみたいでした。

皆さんのむくみに対する対処方法を参考にしながら、とにかく足を温めることに専念しています。
職場では寒い時に使う電気マットをつけていますし、家に帰ってからはふくらはぎから足首にかけてマッサージしています。
結構大変ですが、安眠できるとなれば頑張るしかありません。

しかし、1週間ぐらい前からはむずむずする症状が強くなってきました。
これはもう大変です。
痛いでもなく、かゆいでもなく、どうしていいかわからないんです。

もちろん、安眠なんかできるわけがありません。
これも、むくみの症状がでてからきちんとした対処をしていなかったからだと反省しています。
むずむずの原因は「むずむず脚症候群」と診断されました。
薬を処方してもらったのですが、眠気が強くなるものだそうです。

おかげて、就寝2時間前に飲んだら夜中に目が覚めることなく朝まで眠ることができました。
ただ、いつになったら完治するかという保証がないのが気がかりです。
もしかしたらむくみ?」と感じたなら、早めに対処することをお勧めします。
夜寝れないのはほんとつらいですから。

足のむくみにはお風呂&ゴキブリ体操。

長時間同じ姿勢で座っていたり、立ち仕事が続いたりすると、すぐに足がむくんでしまいます。
ぐっと押すとなかなか元に戻らない…靴もきついしだるくて重くて本当にいやです。

そうなってしまった時にするケアはいくつかあるのですが、まずはやっぱりお風呂。
むくみは血行不良のあらわれだから、お風呂にはいるだけでもずいぶん足のだるさも解消されます。
シャワーではなくゆっくり湯船につかり、足をくるくるマッサージ。足裏も忘れずに。

kdp

それからごろんと仰向けになり、手足を垂直に伸ばしてぶるぶるします。
特に時間は決めていません。気が済むまでぶるぶる…疲れたら休みながらやります。
これ、義母に教えてもらったのですがゴキブリ体操という名前だそうで…

ゴキブリがひっくり返って足をバタバタする様子に似ているからだそうです…なんかちょっといやですが、
効果は確かにあります。翌朝には足のむくみも取れ、だるさもずいぶん解消されています。
いつやってもいいと思いますが、わたしは寝る前に布団でやっています。

別に腕は疲れていないのでやる必要はないのですが、何となく二の腕のシェイプになるかな…なんて。
もっと足がむくんで辛いときは、お風呂から上がって入念にマッサージします。

両手をグーにしてふくらはぎをトントン、痛くない程度に上下させ、足裏の真ん中あたりのくぼんだ所を
親指でぐいぐい押します。探すとちょうど気持ちのいい部分があります。

ここはちょっと痛いくらいに押すと効果的みたいです。

足がむくんでしまう原因とは?

むくみとは例えば足など体の一部が異常に膨れてしまっている状態のことをいいます。
そして、むくんでいる部分には水分が溜まっています。

なぜ、そこに水分が溜まってしまうかというと、血流が悪くなることによって、血液中に含まれている水分がそこに滞ってしまっているからです。
つまり血流を良くすればむくみも自然と解消されると言われています。

nrty

むくみを起こしやすい人の特徴としては、立っている、座っている関係なしに長時間同じ姿勢のままいることが多い人です。仕事上避けることが難しいかもしれませんが、出来るだけ体勢を変えることを意識するようにして、仕事が終わった後は、足が疲れていると思いますので、足をマッサージして血液の流れを良くしてあげて下さい。

このマッサージはぐいぐいと揉まずに、足を労わる感じでやさしく行なってあげるようにするのがコツです。

入浴中の足むくみマッサージ

またぬるま湯にゆっくり入ることで血流が良くし、ゆっくり休むようにすることで、寝不足の解消ともなりますので、むくみを起きにくくするための有効な手段と言えます。

これら以外に適度な運動も行なうと、むくみにくくなるとされていますし、むくみに効く食材としてはキュウリやバナナ等も有効とされています。

ihbisab

大抵のむくみはこれで解消するのですが、もしこれらのことに気を付けていてもむくみが起きてしまい、それが中々治らないようであれば腎臓病等の重大な病気であることも考えられますので、早めに医師の診断を受けることをお勧めします。