わたしのむくみ解消方法は塩抜き

わたしのむくみ解消方法は主に二つあります。一つは仕事が終わってかえってくると入浴してマッサージをします。そのあと風呂上りに着圧ソックスを履いて寝ることです。この着圧ソックス、はじめはきつすぎてはくことが嫌でたまりませんでした。しかし慣れてくると今度は履かずにいられないほど気持ちいいのです。

どんなところが気持ちいいのかというと、まず締め付け感がいいですね。仕事帰りの足って、重力に従って水分が下にたまっているような感覚があり、とても重いです。しかしマッサージをして少したまった水分を心臓のほうにかえしてあげてから、着圧ソックスを履くと自然にたまった水分が心臓のほうに返されるような感覚があり、気持ちが良いのです。

足は寝ている間に随分軽くなります。そして朝起きた時には、すっきりした感覚がありますね。

もしも朝回復していないようなひどいむくみだったら、その着圧ソックスを付けたまま足をあげて1分くらいぶらぶらします。こうやって刺激を与えることによって、水分を心臓のほうに戻すのです。これは毎日の積み重ねが大切です。むくみがどんどんひどくなっていったらどんどん足は太くなっていってしまうでしょう。そのためにその日のむくみはその日のうちに解消するのがいいのですね。

塩抜きでむくみ解消

次の方法は塩抜きです。これは一日行うのですが、食事の中から可能な限り塩分を抜きます。塩のかかっているものは食べないということを心がけます。普段の生活の時には、なかなか職場でのお弁当や外食もあるので、実行するのは難しいです。

下半身むくみ

しかし、休みの日は自分で自炊をすればいいですよね?そのために基本はご飯になります。そしておかずは野菜の蒸したものとか肉を蒸したもの。味付けはレモンを絞ったものなどになります。でもこれが意外に効果が高いのです。

塩分を取りすぎた日の次の日、むくみを強く感じることはありませんか?私はひどいむくみがある時には、顔までむくみます。そして目が細くなったりするので、すぐにわかります。そのために普段調整できない塩分を週末に調整して水分を体から抜くように心がけるのです。

むくみを意識しただけで、体重は1キロも減ることもあります。それは脂肪ではなく水分が抜けただけなのですが、それでも体のすっきり感を感じることは出来るでしょう。そしてこれを一週間に一回継続することでむくみ知らずの身体を作ることもできるのです。今では体のすっきり感が想像できるので、欠かせない習慣になっています。